私の日常と病気についての記録
  • 2018/11
  • 2018-12 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019/01
世の中そんなに旨くいかなにもの
2009年02月12日(木) 16:18
一月の検査から2週間がたちました・・・・・・

今頃報告です。

結果は、わずかに大きくなり数も増えました。

これくらいなら想定内で余りショックは感じませんが・・・・この間までかなりどん底な精神不安定状態で最近やっと落ち着いて来た今日この頃・・

落ち着いたというより、開き直ったといった方が適切かな・・・?

なぜこのような状態になったか言うと

想定内の結果に想定外の結果がついてきたからです。



何時ものように検査を受け整形外科の外来を受けたのですが、「少し大きくなったので手術にしましょう」と軽い?感じで言われ、そのまま呼吸器外科にまわされました。

いよいよ手術かと緊張しながら2時間近く外来の廊下で待たされ、最後の方でやっと名前を呼ばれ、久々の呼吸器外科の先生とご対面

すぐ手術の日程の話かと思いきや検査結果の画像を見ながら濁すような言い方で「今の状態で手術をするのは無意味でしょう、もし免疫療法をするのに腫瘍細胞が必要な為になら手術も有りです。」とのお言葉・・・「手術してもらえないんですか!!??」軽くパニックになりながら何度も尋ねると、腫瘍ができた場所が悪く、サイズが小さくてもそこを切除すると肺の機能はかなり低下し、数も多いため完全全部取り去るのは不可能、進行の遅い癌なのでこのままにしておいた方が良いとの事・・・・・・去年は手術可能と言ってたのに・・・・

その時は冷静に判断できず呼吸器外科の先生がもう一度整形の先生の話合う事を提案されたので又後日に再診

手術すればもう少し延命できると考えていた私はショックで呆然

定期検査のたびに面倒がらず毎回呼吸器外科を受診していればと後悔

整形の先生はいまいち当てにならない(少し言いすぎ?)と思ってたのに

結果は同じだったかもしれないけど




家に帰ってから子供の顔を見ると少し気分も落ち着きましたが2,3日は無気力状態・・・四日後に再び整形を受診した時は「手術は無理なので、今この病院で免疫療法の治験を実施しているのでこれを受けましょう」あっさり言われました・・・・・・、なんかこの先生の言い方は軽いと云うか何と云うか・・・・・私も色々考えて手術はしない方が良いと判断しましたが、自分でも割り切れない憮然とした状態・・・・・しかも免疫療法!先日も話はあったのですが、去年の夏から行っているとか・・・・確か去年大阪の大学病院の免疫療法を受けたいと相談した時はそんな話全然聞かなかったぞ〜!!

心は不信感で一杯ですが、4月から免疫療法を治験で6回受けられます!すぐ受けたいとこですが順番待ち・・・・・・その間にピシバニールの注射を近くの病院で受けることになりました。

今日が一回目で週三回の割合で接種するんですが、筋肉注射なのでとても痛い

ピシバニールも免疫力を上げるらしんですけど・・・・・あまり期待はできないみたいです。


Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog