私の日常と病気についての記録
  • 2007/10
  • 2007-11 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2007/12
コメントありがとうございます。
2007年11月25日(日) 17:18
今日は久々に良い天気に恵まれ、家族と買い物

広い店内を歩き回るのは疲れるけど、とても楽しかった。

半年前なら車椅子に乗り、痛む足を擦りながらで

とても楽しむという気分にはなりませんでした。

自分でもやっとここまで回復したんだと実感

長いようにも短い様にも感じます。



コメントを頂いたVANIさん、ブータさんありがとうございます。

私も「生きる」という気持ちは大事だと思います!

先ずその気持ちが無ければ病気に立ち向かえないし

病気に気分的に負けてしまうのは、嫌です!

時たま死を考える事もありますが、そんな時子供の顔を思い浮かべます。

そうすると、娘の花嫁姿と息子の嫁いびりをするまで死んで堪るか!

と不思議と「生きてやる」と病気に対する対抗心みたいな物が湧いてきます。

周りからも絶対治らない病気の人が奇跡的に治った話など聞かされ

「一生懸命信じて薬を飲めば治るから、希望をすてないで!」

(チョッと宗教的?)

など励まされています。

別に絶望はしていないのですが、明るくない性格のせいか

塞ぎ込んでいる様にみられがちで、困った物です。

性格的に明るくなるのはストレスが溜まるので

自分らしく前向きに生きるようにしています。

ブータさん今大変悩んで不安な時期だと思いますが

治療法は主治医の先生と家族を交えて良く話し合って下さい。

一人で結論を出さず色々な人からアドバイスを受けたり

VANIさんが言ったセカンドオピニオンを受けてもいいと思います。

治療を受けた後、後悔するより

納得した治療を受けた方が断然いいと私は考えます。

今、後悔している私が言うだけですけど・・・・・

それに、化学療法を受けて意識不明になるのは稀ですから、私のは参考にならないかも

化学療法はとても辛い治療法だけど多くの癌患者を救ったのも確か

胞巣状軟部肉腫は抗癌剤の効きにくい癌とされていますが

効果があった人もいます。

難しい選択ですが良く考えてくれる事願います。

辛いでしょうが一緒に頑張っていきましょう!

私も皆さんを応援します。

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog