私の日常と病気についての記録
  • 2007/09
  • 2007-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2007/11
いよいよ入院
2007年10月30日(火) 20:03
11月1日入院します。

5日には、肺の腫瘍切除の手術・・・・・・

はっきり言って何度受けても慣れるものでもない

寝ているうちに終わるから大丈夫ですよ

なんて判っていても怖いです。

医療ミスでこのまま死んだり、重度の障害を負ったらどうしよう

などと考えてしまいます。

マイナス思考は良くないけど

まさか、そんな事が起こるとは思わない事を実際体験した私なので

化学療法による意識不明になったのは、まさにそれ

普通では余り起こらないようです。

重度の副作用は色々あるみたいですが・・・・・・

なぜ意識不明になったのか

ハッキリとした原因は判らないらしい

何でも投与された抗癌剤によって横紋筋融解をおこし

それにより腎臓、肝臓の機能障害を起こしたためらしいにですが・・・

その為、3日間血液透析をしていたそうです。

主人の話しか聞いていないので、こんな説明しか出来ません。

整形外科の担当医には聞けばいいんでしょうが

何か先生に不信感があって説明されても信用できないというか

聞いても腹が立つばかりな気がして

(ちなみに主人はICUの先生からの説明)

化学療法の同意書にサインしたからには,文句を言ってもどうにも為らない

せめて担当医を代えてくれと言えばよかった。

そもそも化学療法もしなければと今さらながら思います。

胞巣状軟部肉腫は抗癌剤の効きにくい癌で

この病院での今までの患者数は5名、その内抗癌剤の効いた人は1名

確率20% ・・・・・低い数値です・・・

効かなければ只の毒

投与中もかなりの苦しみをともなうし、酷い副作用も残るかも知れません。

もし、私と同じ病名の人は良く考えて受けて欲しい

結果がハッキリ分かるなら何の後悔も無いんですけど・・・・

未来が視えないのが 人生

次の手術も無事終わるのを祈るしかありません。











Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog